入れ歯denture

入れ歯について

入れ歯

入れ歯とは、失ってしまった歯を補う治療法のひとつです。

入れ歯のメリット・デメリット

入れ歯のメリット

入れ歯のデメリット

入れ歯の種類

一人一人にあった最適な入れ歯を

部分的に使用するものやお口全体に用いる総入れ歯などがあります。

また、保険適用のプラスチックの入れ歯や自費診療の金属を用いない入れ歯などかず多く存在します。

入れ歯の種類

総入れ歯

総入れ歯とは、ほとんど全ての歯を失ってしまった人が適応になります。またインプラント等外科処置が何らかの理由で行えない人も総入れ歯の適応になります。

部分入れ歯

部分入れ歯とは、1本もしくは複数本の歯を失ってしまったときに使用するものです。こちらも取り外しが可能です。

部分入れ歯に最適なケース

総入れ歯と異なり、残せる歯がある人が適応になります。こちらも外科処置が必要ないため、外科処置ができない人も適応となります

入れ歯の材質

保険診療の場合

レジン床保険適用のため、比較的安価
金属床に比べて軽い
厚みが必要なため、違和感が大きく食べ物の熱が感じにくい
材質がたわみやすく、違和感や痛みが出ることがある

自費診療の場合

金属床自費診療の為、レジン床に比べて高価
レジン床に比べて薄く作ることができるため、違和感がほとんどない
食べ物の熱を感じやすい
マグネット自費診療の為、レジン床に比べて高価
残っている歯と入れ歯にマグネットをつけるタイプのものなので、マグネットを利用することで義歯の弱点である不安定感をなくすことができます

完成までの流れ

初診からメインテナンスまで流れ

皆様に最適な入れ歯をご提供するために、お口や顎の状態を精密に検査致します。

入れ歯の製作の流れ
  • 診査診断、治療計画の説明
    骨の状態、残っている歯の状態、顎の状態などを検査していきます。その上で治療計画を立案しご説明していきます
  • 型取り
    仮の入れ歯を作るための型取りをします。入れ歯を入れる前に治療が必要な個所があれば型取り前に行っていきます。
  • 仮の入れ歯で測定
    ろうで出来た仮の入れ歯を使用して、噛み合わせの最適な位置や、入れ歯がお顔に合った形になるようにみていきます。
  • 試着・調整
    最終的な入れ歯が完成してきます。実際にお口の中に入れて調整をしていきます。
  • 治療終了・メインテナンス
    治療がすべて終わると定期メンテナンスになります。入れ歯は使っていて合わなくなることがあるので定期的にチェックさせてもらい、必要があれば調整をしていきます。

噛める幸せを

お気軽にご相談ください

それぞれの症状や要望はさまざまですが、口腔内全体の健康を基本に考えて診察しています。

今すぐ電話する
相談

水天宮前駅より徒歩3分の歯医者

〒103-0015 東京都中央区日本橋箱崎町20-1
アンソレイユオオタ 2F
TEL.03-3665-1736

【日比谷線・東西線】 茅場町駅 徒歩6分
【半蔵門線】 水天宮前駅 徒歩3分

診療時間 日祝
10:00-13:30 -
14:30-20:00 -

※土曜 10:00-15:00 休診:日曜・祝日

水天宮前でおすすめの歯医者、箱崎デンタルクリニックの評判と口コミ 水天宮前でおすすめの歯医者、箱崎デンタルクリニックの評判と口コミ