水天宮前の歯科医院 箱崎デンタルクリニック
HOME > インプラントの治療

インプラントの治療

治療方法の考え方

当院では非常にオーソドックスな方法を採用しています。

学会では、抜歯してすぐにインプラントを埋める即時埋設や即時加重という、インプラントをすぐに埋めたり、仮の歯をすぐに入れたりという治療方法がトピックスとして発表されることが多いですが、当院では、そのような方法は採用していません。

感染の可能性やインプラントの生着、長持ちすることなどを考えて、信頼できる安全な方法を採用しています。抜歯が必要な場合は、抜歯の後に2カ月程度の間を空けて、落ち着いてから埋設手術を行うようにしています。

安全・確実を第一に考えてインプラント治療に望むことが最も大切であると考えているからです。3本、4本と歯を欠損してしまったケースでも、インプラントとブリッジを併せて治療することができます。状況にもよりますが、すべての歯を失ってしまった場合でも、数本のインプラントでしっかりとした歯を作ることが可能です。

当院のインプラント手術の特徴

当院では、CTスキャンを必ず撮影してインプラント治療のプランを作っています。

その際に、サージルステントという、インプラントを入れる際の角度や場所をシミュレーションしたものを作り、しっかりと骨や神経との位置関係について検証した後に手術を行っています。

確実性、安全性を第一に考えて行っています。

当院のインプラント治療にかかる期間は、インプラントの診断により、抜歯を行ってから「インプラント埋設まで約2カ月」、インプラントが「骨に生着するのを待つ期間約3カ月」、その後、土台と人工歯を装着します。トータルで半年程度が必要になります。

治療の間、仮の歯を入れるなどの見た目の処置を行っています。長い期間使用するものですので、しっかりと安全な処置を行いたいと考えています。

インプラントのメインテナンス

インプラントは、メインテナンスが絶対に必要なものです。埋設した人工の歯根の周囲に歯石(プラーク)が付着すると、天然の歯の歯周病と同じような状態になり、細菌が歯槽骨を溶かしはじめ、最悪の場合インプラントがぐらついてしまいます。

当院では、患者さんに歯磨きをしっかりと行っていただくために、 担当の衛生士がしっかりとアドバイスを行います。

それだけではケアが十分ではありませんので、PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)という、衛生士によるケアを定期的に受けていただいています。また、インプラントの上部構造の設計は大切です。

良い上部構造を入れるようにしないと、メインテナンスしにくい状態になるケースもあります。当院では、単にインプラントを入れるだけでなく、その後のメインテナンスを含めて考えた上で治療をしています。

PMTC

1カ月から3カ月に1度、担当の衛生士がメインテナンスを行います。内容は、ブラッシングやフロスなどによる歯面清掃、歯周ポケットに超音波による洗浄、必要であれば薬剤によるケア、歯面の研磨を行います。天然歯の場合は、最後にフッ素を塗布し虫歯を予防します。

当院のインプラント治療の素材について

土台の部分には、生体親和性の高い素材を使用するようにしています。その上で患者さんの好みに応じて人工歯を装着しています。インプラントは、世界シェアの高い、もっとも歴史のあるノーベルバイオケア製のものとストローマン製のものを使用しています。最も高価な材料になりますが、歴史と多くの実施例がありますので安心・安全なものになります。

最近は、新興の製造者による安価なインプラントも出てきていますが、データが少なく品質を保証できませんので当院では使用していません。

インプラントの治療事例の紹介はこちら

料金表

埋入費用:¥200,000
アバットメント:¥100,000
上部構造:¥50,000~¥140,000

インプラント治療の流れ

1.診査・診断
通常のレントゲン写真だけでは不十分であり、きちんとした診査が出来ていないと事故が起こる可能性があります。当院では最新のCT撮影をし、細かなシュミレーションをすることで安全・確実なオペが可能となります。
2.麻酔
麻酔はすごく痛いと思ってませんか? これも麻酔の針を刺す部位に前もって表面麻酔を十分効かせ、かつ最も細い針を使用し、そして機械式の麻酔器で手動式だといらいらするくらいのスピードで注入することで殆ど痛みなく麻酔が可能となります。
3.切開
このへんからは熟練のテクニックの違いも出てきます。切開する位置や幅、量などによって術後の腫れ、痛みにものすごく違いがでてきます。当院は昔から歯周治療に力を入れているため、歯周外科を得意としております。そのへんの熟練度が違います。
4.インプラント埋入
我々歯科医院のもとには、頻繁に新しいインプラントの会社の人が営業に来ます。そのような歴史・実績のないメーカーのものは確かに安く、場合によって半額くらいのものもあります。問題ないものもあるかもしれませんが、当院では一生使ってもらうものとして日本だけでなく欧米での歴史・実績・シェアのNo1、2のメジャーなインプラントを採用しております。
5.縫合
またまたこのへんも術後に大きな差がでます。縫合糸の種類、組織の引っ張り方、合わせ方、縫合法により組織の治癒は全く違ってきます。やはり熟練の腕の見せ所です。そして縫合後しばらくしっかり圧迫します。それにより腫れ痛みが最小限に抑えることができます。
6.アフターケアー
術後から2週間位の経過が大切です。組織をよく観察して抜糸を行います。また骨と結合するまでの1~3ヶ月のブラシの仕方も大切です。そして全て終わった後、当院では1~3ヶ月のペースでメインテナンスとして担当の衛生士がインプラントだけでなく、お口全体を責任を持ってプロフェッショナルケアーをさせていただいております。

治療後のリスク:インプラント周囲炎の可能性があるためメンテナンスが必要です。

 

ネット予約の空き状況が ✖ ️の所もご予約が出来るお時間がございます。お電話でお問い合わせください。