水天宮前の歯科医院 箱崎デンタルクリニック
HOME > 他の治療との比較

他の治療との比較

入れ歯・ブリッジ・インプラントの比較

治療方法の選択のポイントは

当院では、それぞれの治療のメリットやデメリット、仕上がりの美しさなどをすべてご説明いたします。歯科医としてのお勧めのアドバイスもいたしますので、その上で、患者さんの感覚と考え方でお選びいただくことができます。義歯やブリッジを選択された場合にも、当院では、審美的にも機能的にもベストなご提案が可能です。

全身的な問題がある場合や費用、期間が合わない場合などには、幅広い選択肢から治療方法を考えていきます。



ブリッジ
良い点

・歯を失ってしまったときに、そのまま放置しておくと、両隣の歯や対合する歯などが動いてきてしまいますので、できるかぎり早いタイミングで歯の代わりになるものを入れる必要があります。通常はブリッジが第一選択でした。

留意点

・ブリッジの場合は、入れる歯を支えるために健康な歯を削る必要があります。口腔内の健康を考えると、健康な歯を削る治療は大きなデメリットです。

・欠損した歯にかかる力を、両側のブリッジの支えになる歯に負担をかけることになりますので、その健康な歯に対するリスクが生じます。

※実際に歯にかかる圧力を計測すると、ブリッジになることで噛む力が落ちています。また、支えになっている歯の歯根に不具合がある場合には、その歯を失う理由にもなってしまいます。



入れ歯
良い点

・義歯は、きちんとした設計でしっかりとした技工士が作製したものを入れれば、違和感も少なく、良い場合があります。義歯の一番の問題点は、取り外しするものであるということです。これは、精神的に患者さんの負担になりますし、本物の歯ではないという意識を普段から感じさせることになります。

日常的に、義歯を外して磨くというメインテナンスが必要になりますが、その際に、歯を失った自分を意識するのは、やはり嫌なことです。
 

留意点

・本物の歯に比べて大きな違和感を感じることが多い。

・金属が見えてしまうことが多い。

・部分入れ歯の場合には、針金をかけている歯に対して負担がかかる。

・周囲の歯への影響が出やすく周りの歯が抜けていく事がある。

※当院では、優秀な技工士が控えていますので、審美的な義歯を作ることも可能です。ご相談ください。



インプラント
良い点

・機能的には、自分の歯に近い状態でよく噛めるということが一番のメリットです。義歯やブリッジのような違和感がありません。また、インプラントは自立した構造ですので、他の健康な歯に負担を強いることがありません。歯槽骨が痩せることも少なくなります。機能的にはデメリットはないと考えています。

当院では、歯を失った場合にはベストな選択であると考えています。
 

留意点

・入れ歯・ブリッジに比べ費用がかかる。

・入れ歯・ブリッジに比べ手術を行わなければならない。

※安心・安全を第一に考え、患者さんの噛める喜びを実現するために、お手伝いしています

義歯やブリッジで歯槽骨が痩せると、
インプラント治療も大変になる

歯が欠損している部分の歯槽骨は少しずつ痩せていきます。その痩せ方は経年的で、義歯やブリッジを使っているほど痩せてしまいます。

歯を失ってしまったそのときならば、苦労をしないでインプラントを入れることが可能なケースでも、義歯やブリッジを長く使用し歯槽骨が痩せてしまうことで、骨を作る骨造成の施術が必要になり、手間も時間も多くかかってしまうだけでなく、リスクも大きくなってしまいます。

歯槽骨が痩せるスピードが早くなってしまうというデータもあります。理想は、しっかりとした骨があるうちにベストな治療方法であるインプラントを入れた方が良いと私たちは考えています。

料金表

埋入費用:¥200,000
アバットメント:¥100,000
上部構造:¥50,000~¥140,000

インプラント治療の流れ

1.診査・診断
通常のレントゲン写真だけでは不十分であり、きちんとした診査が出来ていないと事故が起こる可能性があります。当院では最新のCT撮影をし、細かなシュミレーションをすることで安全・確実なオペが可能となります。
2.麻酔
麻酔はすごく痛いと思ってませんか? これも麻酔の針を刺す部位に前もって表面麻酔を十分効かせ、かつ最も細い針を使用し、そして機械式の麻酔器で手動式だといらいらするくらいのスピードで注入することで殆ど痛みなく麻酔が可能となります。
3.切開
このへんからは熟練のテクニックの違いも出てきます。切開する位置や幅、量などによって術後の腫れ、痛みにものすごく違いがでてきます。当院は昔から歯周治療に力を入れているため、歯周外科を得意としております。そのへんの熟練度が違います。
4.インプラント埋入
我々歯科医院のもとには、頻繁に新しいインプラントの会社の人が営業に来ます。そのような歴史・実績のないメーカーのものは確かに安く、場合によって半額くらいのものもあります。問題ないものもあるかもしれませんが、当院では一生使ってもらうものとして日本だけでなく欧米での歴史・実績・シェアのNo1、2のメジャーなインプラントを採用しております。
5.縫合
またまたこのへんも術後に大きな差がでます。縫合糸の種類、組織の引っ張り方、合わせ方、縫合法により組織の治癒は全く違ってきます。やはり熟練の腕の見せ所です。そして縫合後しばらくしっかり圧迫します。それにより腫れ痛みが最小限に抑えることができます。
6.アフターケアー
術後から2週間位の経過が大切です。組織をよく観察して抜糸を行います。また骨と結合するまでの1~3ヶ月のブラシの仕方も大切です。そして全て終わった後、当院では1~3ヶ月のペースでメインテナンスとして担当の衛生士がインプラントだけでなく、お口全体を責任を持ってプロフェッショナルケアーをさせていただいております。

治療後のリスク:インプラント周囲炎の可能性があるためメンテナンスが必要です。

 

ネット予約の空き状況が ✖ ️の所もご予約が出来るお時間がございます。お電話でお問い合わせください。