水天宮前の歯科医院 箱崎デンタルクリニック
HOME>デンタルエステ

デンタルエステ

ラミネートベニア
歯の表面を少し削って、セラミックス製のシェルを貼り付けることで、審美的にキレイにする方法です。
歯の色を変えたり、形を変えたり、また、虫歯治療のあとの充填物の色が変色してくるのを白くしたりというケースでご提供することが多い治療です。
審美的にキレイにするには、最小限の削り方で、最大限の効果を発揮します。

   

詰め物の変色

       
 

もともとすきっ歯

       

セラミックスクラウン
当院では、オールセラミックス、メタルセラミックスを中心に治療をご提供しています。必要によっては、ジルコニアも使用しています。以前に治療した部分が変色してしまったなどでお悩みの場合にもご相談ください。
歯肉の環境や歯根の治療を含めて美しく仕上げます。
 
●オールセラミックス クラウン
土台もクラウンもすべてセラミックスで製作します。メタルセラミックスに比べると光の透過性が良いので、前歯部のケースなどではお勧めしています。金属アレルギーのリスクもなくなります。
 
●メタルセラミックス クラウン
臼歯部など、オールセラミックスが必要ない場合には、金属製の土台にセラミックスを被せたメタルセラミックスを使用することが多いです。 



 
セラミックスインレー・ハイブリッドインレー
当院では、固さの点などでオールセラミックス製のインレーよりは、セラミックスとレジンを混合したハイブリッドインレーを使用する頻度が高くなっています。
インレー(詰め物)にセラミックス又はハイブリッドを使用するメリットとしては、審美的に美しいということもありますが、金属製のインレーの場合に比べると、接着によって固定することができるため歯を削る部分が少なくてすむことが挙げられます。
自分の歯の健康を考えるとセラミックス又はハイブリッドのインレーは良いと考えています。

パワークリーニング
黄ばみや茶渋の着色、タバコによる着色など歯面に付着した外来色素を取り除きます。
ジェットポリッシャーという機器を使用し、粉体を飛ばしてステインなどの着色を剥がしていきます。
それにより、歯自体の色が再生されます。


ホワイトニング
歯そのものの色を白くする審美治療です。
患者さんのご要望によってシェードというサンプルで、どの程度の白さを目指すかを話し合います。
その後に、その白さを目指して治療を行います。
当院では、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの2つの方法をご提供しています。
ホワイトニングでご来院の場合にも、患者さんのご了承がいただければ、当院のデンタルコンシェルジュを受診いただき、口腔内の状態をできるだけ健康にする治療についてご提案させていただいています。
 
●オフィスホワイトニング
3回程度を1セットで行います。2~3週間ごとに1度、1時間程度院内で治療します。
薬剤を歯に塗布して、専用の機器で光りを当てます。1回ごとにシェードと呼ばれるサンプルで白さの度合いを確認して、患者さんのご要望と照らし合わせながら進めていきます。
1セットの治療後も、経年で再着色してしまいますので、その白さをキープするためには、1年に1度程度、タッチアップとして1回程度の治療を行っていただくことが必要になります。

●ホームホワイトニング
オフィスホワイトニングだけでは難しいケースでは、ホームホワイトニングを併用していただくことがあります。
ホームホワイトニングは、専用のマウスピースを作製して、ご家庭で薬剤を入れて寝るときに装着していただきます。2週間程度の治療期間が必要です。

ホワイトニング前

 

上だけホワイトニング後

 

上下仕上がり

 
ガムブリーチング(歯肉を白く)
歯ぐきの黒ずみを健康な色に戻す審美治療です。
タバコを吸う人の場合、メラニンが歯肉につく場合があります。
その場合には、薬を使用してピンク色の歯ぐきに戻すことが可能です。