水天宮前の歯科医院 箱崎デンタルクリニック
HOME>インプラント

インプラント

インプラントとは?

インプラントとは歯を失った部位にチタン製の人工歯根を埋入し、骨と結合させることによって天然の歯と同等の機能をもたせたものを言います。
当院では開業以来、長期にわたって多数のインプラント処置を経験してまいりました。その実績とノウハウを生かして、より安全で確実な方法を行うことができます。

当院のインプラントについて専門サイトも用意しておりますので、ご興味ある方は下記のリンクからご確認ください。

当院が監修しているインプラント専門サイトです。
さらに詳しい情報はこちらをご覧ください。


 

1本~数本欠損の時

以前は両側の歯を削ってブリッジとしたり、小さい入れ歯が入っていましたが、インプラント治療を行うことで、なくなった部位のみ補うことが可能です。

 

多数欠損→入れ歯への応用

骨の状態や費用の節約のために、3~4本インプラントを使用して、入れ歯とクリップ式に固定させることにより、入れ歯を動かない安定したものにする。

 

多数欠損→固定制ブリッジへの応用

ある程度の数をすることによって固定制のブリッジとすることができ、見た目や使用感も天然歯と同等のものとなります。

当院のインプラント実績
当院では開業した約27年以上前からインプラント治療を導入しており、すでに5,000以上の症例を経験しております。特に最近の数年は年間100本以上のインプラント処置を行っています。そしてこの5年間の骨結合しなかったケースは1症例だけです。

また骨の幅が狭かったり、高さが足りなかったり、あるいは上あごにおいて上顎洞の関係で普通ではインプラントを諦めてしまうようなケースにおいては、インプラントを行えるように1度その不足している骨を造成することも可能です。全身的によほどの問題がない限りインプラントは可能なのです。
ぜひ1度経験豊富で、より安心・確実な当院にてご相談下さい。