水天宮前の歯科医院 箱崎デンタルクリニック
HOME>予防歯科

予防歯科

予防・メインテナンスの強化
予防

東京都歯科医師会の調査によりますと、都内の約55%の歯科医院に歯科衛生士が一人もおらず、1人だけのところが26%となっており、歯科衛生士は人手不足の状態です。
しかし当院では常勤の衛生士が6人勤務しており、さらに院内及び院外の研修により、十分な知識と経験を持っており、患者さんにプロフェッショナルとしての仕事を提供しております。


悪い所を治療することはもちろん必要なことですが、1番大切なことは悪くならないように予防することであり、また良い状態が長く続くようにメインテナンスすることであります。
そして従来のありきたりな予防ではなく、できれば歯を削らなくても済むように、予防に関して大幅に強化するシステムを導入しました。さらに個々の患者さんに合ったプログラムを組み、1~2ヶ月に1回のペースでメインテナンスをさせていただき、良好な状態をキープできるように努めております。

予防
唾液検査

予防

患者さんの唾液を採り培養することにより、唾液の量と質、虫歯菌の数などを調べ、個々の患者さんに合った予防法を検討いたします。


 

顕微鏡

予防

歯科位相差顕微鏡を用いて、患者さんのプラーク(歯垢)内の細菌を、モニターにて見ていただきます。プラークはばい菌のかたまりなのです。


 

カウンセリング

唾液検査の結果から分かる、患者さんの持つリスクファクターに対してのアドバイスを細かく具体的にいたします。 (ブラッシング法、キシリトール、フッ素、タバコ、食生活など)

 

クリーニング

歯面や歯根に付着したバクテリアの巣を全て除去します。 (スケーリング、ルートップレーニング、PMTCなど)

メインテナンス
PMTC(プロフェッショナルメカニカルトゥースクリーニング)

患者さん御自身でのホームケアでは限界のある部分に蓄積したプラーク・歯石を徹底的にクリーニングします。

 

ディプラーキング

家庭では到達不可能な歯肉縁下(歯と歯ぐきの間の歯周ポケット内)のクリーニングを専用の器具で行ないます。これが最も歯周病の予防に効果的です。

 

ハイリスク部のチェックと貼薬

充填してあるところや神経のない歯の根など、2次的に虫歯になりやすい部分のチェック、または現在歯周ポケットが深いところの炎症をチェックするとともに、ポケット内に炎症を抑える薬をつけていきます。

 

フッ化物塗布

フッ化物の虫歯予防の効果として (1)脱灰の抑制・再石灰化の促進 (2)抗菌作用 (3)結晶構造(歯質)の強化があります。
PMTCによりクリーニングされた歯面に、フッ化物を塗布することで虫歯予防効果は一段と高まります。

 

痛みなく進んでしまう歯周病や虫歯を徹底的に予防することで
お口の中の健康を保っていきましょう!!

ネット予約の空き状況が ✖ ️の所もご予約が出来るお時間がございます。お電話でお問い合わせください。