水天宮前の歯科医院 箱崎デンタルクリニック
HOME > インプラント

インプラント

インプラントとは?

インプラントとは歯を失った部位にチタン製の人工歯根を埋入し、骨と結合させることによって天然の歯と同等の機能をもたせたものを言います。

当院では開業以来、長期にわたって多数のインプラント処置を経験してまいりました。その実績とノウハウを生かして、より安全で確実な方法を行うことができます。

当院のインプラントについて専門サイトも用意しておりますので、ご興味ある方は下記のリンクからご確認ください。

当院が監修しているインプラント専門サイトです。
さらに詳しい情報はこちらをご覧ください。

日本橋プレミアム
インプラント研究所

 

一本〜数本欠損の時

以前は両側の歯を削ってブリッジとしたり、小さい入れ歯が入っていましたが、インプラント治療を行うことで、なくなった部位のみ補うことが可能です。

多数欠損〜入れ歯への応用

骨の状態や費用の節約のために、3~4本インプラントを使用して、入れ歯とクリップ式に固定させることにより、入れ歯を動かない安定したものにする。

多数欠損〜固定制ブリッジへの応用

ある程度の数をすることによって固定制のブリッジとすることができ、見た目や使用感も天然歯と同等のものとなります。

当院のインプラント実績

当院では開業した約27年以上前からインプラント治療を導入しており、すでに5,000以上の症例を経験しております。特に最近の数年は年間100本以上のインプラント処置を行っています。そしてこの5年間の骨結合しなかったケースは1症例だけです。

また骨の幅が狭かったり、高さが足りなかったり、あるいは上あごにおいて上顎洞の関係で普通ではインプラントを諦めてしまうようなケースにおいては、インプラントを行えるように1度その不足している骨を造成することも可能です。全身的によほどの問題がない限りインプラントは可能なのです

ぜひ1度経験豊富で、より安心・確実な当院にてご相談下さい。

料金表

埋入費用:¥200,000
アバットメント:¥100,000
上部構造:¥50,000~¥140,000

インプラント治療の流れ

1.診査・診断
通常のレントゲン写真だけでは不十分であり、きちんとした診査が出来ていないと事故が起こる可能性があります。当院では最新のCT撮影をし、細かなシュミレーションをすることで安全・確実なオペが可能となります。
2.麻酔
麻酔はすごく痛いと思ってませんか? これも麻酔の針を刺す部位に前もって表面麻酔を十分効かせ、かつ最も細い針を使用し、そして機械式の麻酔器で手動式だといらいらするくらいのスピードで注入することで殆ど痛みなく麻酔が可能となります。
3.切開
このへんからは熟練のテクニックの違いも出てきます。切開する位置や幅、量などによって術後の腫れ、痛みにものすごく違いがでてきます。当院は昔から歯周治療に力を入れているため、歯周外科を得意としております。そのへんの熟練度が違います。
4.インプラント埋入
我々歯科医院のもとには、頻繁に新しいインプラントの会社の人が営業に来ます。そのような歴史・実績のないメーカーのものは確かに安く、場合によって半額くらいのものもあります。問題ないものもあるかもしれませんが、当院では一生使ってもらうものとして日本だけでなく欧米での歴史・実績・シェアのNo1、2のメジャーなインプラントを採用しております。
5.縫合
またまたこのへんも術後に大きな差がでます。縫合糸の種類、組織の引っ張り方、合わせ方、縫合法により組織の治癒は全く違ってきます。やはり熟練の腕の見せ所です。そして縫合後しばらくしっかり圧迫します。それにより腫れ痛みが最小限に抑えることができます。
6.アフターケアー
術後から2週間位の経過が大切です。組織をよく観察して抜糸を行います。また骨と結合するまでの1~3ヶ月のブラシの仕方も大切です。そして全て終わった後、当院では1~3ヶ月のペースでメインテナンスとして担当の衛生士がインプラントだけでなく、お口全体を責任を持ってプロフェッショナルケアーをさせていただいております。

治療後のリスク:インプラント周囲炎の可能性があるためメンテナンスが必要です。

ネット予約の空き状況が ✖ ️の所もご予約が出来るお時間がございます。お電話でお問い合わせください。